奈良高専同窓会ホームページ

会則と指針

(会員)

第1条
会員は,以下のとおり定める.

正会員 本校の卒業生ならびに本校専攻科(他高専卒業生)を終了したもの.
本校を退学したもので入会を希望するもの.
準会員 本校の在学生全員ならびに本校専攻科生(他高専卒業生).
特別会員 本校の教職員
名誉会員 本校の運営に対し特に功績のあったもので評議会で推薦され,総会で承認されたもの.

(役員)

第2条
役員の選出は次の方法による.

  • 評議員を年次評議員と支部評議員とに分かち,年次評議員は年次別の正会員の互選により,支部評議員は支部別のそれぞれの方法により選出する.
  • 会長,副会長,会計,理事及び監査員は,評議会において評議員の互選により選出され,総会において承認を得るものとする.
  • 顧問は,理事会で推薦されたものを会長が委嘱する.
  • 幹事は,特別会員の中から会長が委嘱する.
第3条
役員の任期は1年とし,再任を妨げない.
ただし,補欠により選出された役員の任期は,前任者の残任期間とし,後任が選出されるまでは,その任務にあたる.補欠役員の選出については,理事会があたる.
第4条
役員の任務は,次のとおりとする.

  • 会長は,本会の一切の会務を総理する.
  • 副会長は,会長を補佐し,会長に事故ある時は,その代理となる.
  • 会計は,本会の会計事務を行う.
  • 理事は,本会の企画運営に参加し,会務を分掌する.
  • 年次評議員は,年次会員間の緊密な連絡を計り,年次会員を代表しまた支部評議員は,支部を代表して評議員の審議に参加する.
  • 監査員は,本会の会計を監査する.
  • 顧問は,本会の運営について助言を与え,会長の要請に応じて会議に参加し,意見を述べることができる.
  • 幹事は,本会の要請により本会の事務を処理する.
第5条
総会は,出席者をもって構成する.

(会議)

第6条
評議会,理事会は,その過半数の出席を必要とする.
第7条
議長は,会議出席者の中から,互選により選出する.
第8条
会議の議決は,特に定める場合を除き,出席者の過半数の同意を必要とする.出席できないときは,委任状により議決を委任することができる.

(会計)

第9条
入会金は3,000円とし,正会員になると同時に納入するものとする.
第10条
会費は7,000円とし,原則として永年会費とするが,評議員の承認により臨時徴収することができる.
第11条
納入した入会金および会費は,原則として返還しない.
第12条
寄附金は,理事会の承認により受領する.
第13条
本会の会計年度は,10月1日より翌年の9月30日までとする.
第14条
本会の会計の決算は,監査員の監査を受け,評議会に報告しなければならない.

(支部)

第15条
支部を設置するときは,その地域在住の正会員のうち,発起人が,支部会則及び支部会員名簿を添えて,会長に申し出るものとする.
第16条
会長は,支部設置の申し出を受けたときは,評議会の議を経て決定するものとする.
第17条
支部の経費は,原則として当該支部の負担とする.

(雑則)

第18条
年次評議員は,原則としてクラス1名とする.
第19条
本会の運営に関する内規は別に定める.
第20条
内規は,理事会において作成し評議会の承認を得るものとする.

(附則)

この細則は,昭和45年4月1日から施行する.
この細則は,昭和54年5月5日から施行する.
この細則は,昭和56年11月23日から施行する.
この細則は,昭和58年11月6日から施行する.
この細則は,平成3年10月1日から施行する.
この細則は,平成6年4月1日から施行する.
Copyright © 2014 奈良高専同窓会 All Rights Reserved. Created by NaraNCT 情報処理研究会.